コラム

​定期的に、教会に関連する文章を掲載していきます。

「異端・カルトに対抗する予備知識」

◯異端・カルトについて書く前に

 皆さんにとっては、どの教会も「あやしい宗教」かもしれません。また、異端か正統かの区別はどこにあるの

 と疑う方もおられるでしょう(区別する基準はあります)。そうです。私たちはみな過ちを犯しやすく、あの

 団体は間違っていると批判する前に、自己批判しなければなりません。同じ聖書を読みながら、全く違う解釈

 をするし、イエス・キリストを救い主と信じながら、全然ちがう生き方をすることがあります。自分たちも間

 違いをおかす可能性があることを認め、それでもお伝えする必要があるので、書くのです。

 異端・カルトと呼ばれる団体や教会に属している人々を排除することが目的ではありません。彼らの多くは真

 面目で素朴で、誠実な方々だと思っています。ただ、残念なことに間違った教えに捕らえられ、ほんとうの神

 を知りません。いつか彼らの目が開かれ、ほんとうの神を知り、いっしょに恵みの神を礼拝できたらと願って

 います。

 異端やカルトは、不安を過度にあおり、正常な判断をさせず、経済的な搾取を行い、生活と家庭を破壊し、社

 会的に孤立させます。そこに救いはありません。さらに詳しい情報を提供できます。教会にお問い合わせくだ

 さい。

 

◯聖書的キリスト教から見た異端・カルト宗派

 よく知られている異端として、以下の三つがあります。

・エホバの証人(王国会館) 二人組で昼間に訪問し、「聖書の勉強をしませんか」と誘われた経験ありません

 か。駅前で「めざめよ」という冊子を持っている人も見たことがあると思います。別名「ものみの塔」。

 輸血拒否問題は川崎市宮前区で起きました。

・末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教) 外国人の青年が二人一組で、ヘルメットをかぶり自転車で

 家々を訪問している姿を見ます。本部はアメリカ・ユタ州。英語を教えることとセットでモルモン教を布教

 します。ケント・ギルバートが有名。

・世界平和統一家庭連合(統一教会)「旧 世界基督教統一神霊協会」 アイドルの桜田淳子さんが合同結婚式!

 で話題になりました。教祖の文鮮明は先ごろ亡くなりました。大学キャンパスに入り込み「原理研究会」として

 学生を勧誘しています。

 

 新興の異端・カルト宗派としては、以下のものがあります。この他にも多数。

・救援派(クオンパ) 月刊『嬉しい知らせ』『新しい道』『生命の光』を発行。

・新天地(新天地イエス教証拠幕屋聖殿) 既成教会に入り込み、信徒を「聖書勉強会」に勧誘。

・全能神 中国の異端。マクドナルドで勧誘した相手に断られ、激怒し暴行する動画がニュースになりました。

 手荒な勧誘。お年寄りを無理に入信させ、財産を寄付させることで、中国では社会問題に。東京に日本支部が

 上陸しているという情報も。

・タラッパン伝道運動(イエス長老伝道総会) 悪魔論に執着する。偏った伝道強調。